個人寄付はこちらから
法人寄付はこちらから

医療的ケアを必要としても
安心して育ち、働き、暮らせる
未来をつくる
「すくすくハウス」設立プロジェクト

今、日本では、医療的ケアを必要とする子ども(医療的ケア児)が急増しています。
その数は18,000人を超え、この10年で約2倍にまで増加しています。
医療的ケア児は、やがて大人になり、学校を卒業した後の仕事や居場所を必要とします。
しかし、医療的ケア児の育ちと将来の暮らしを支える体制が整っていません。

子ども達がすくすく育ったその先に、
医療的ケアを必要とするみんなが働き暮らせる未来を創っていくために。
医療的ケア対応「すくすくハウス」は2021年の設立を目指しています。

実現のためには、みなさまの想いと行動が必要です。
あなたのご寄付で、力を貸してください。

プロジェクトについて

医療的ケア対応「すくすくハウス」
設立プロジェクト

みなさま、こんにちは。
社会福祉法人ワーナーホーム 柏拠点 統括施設長の大久保 夏樹です。

私たちワーナーホームは、1981年に千葉県柏市の小さな作業所から出発し、障害があってもその人らしく、住み慣れた地域で暮らし続けられるよう、障害児者と そのご家族の支援を積み重ねてきました。

必要な支援が必要な人に届くようにと願って続けてきた活動のなかで、今、最も大きな課題は、医療的ケアを必要とする子どもたちとそのご家族の支援、そして、 その子どもたちが大人になった時に必要となるサポートです。

医療的ケア児の増加と、求められる成長への対応

みなさまは、「医療的ケア児」という言葉をご存じでしょうか。
近年の新生児医療の発達により、超未熟児や先天的な疾病を持つ子どもなど、以前なら生きることが難しかった子どもたちであっても、助けられることが多くなってきました。

その結果、日々の暮らしの中で医療的なケアを必要とする子どもたち(医療的ケア児)が増加し、その数は現在18,000人を超え、ここ10年で約2倍となりました。

たん吸引・経管栄養・酸素吸入
医療的ケア児数

医療的ケア児とは、人工呼吸器や胃ろうを使用し、たんの吸引や経管栄養などの医療的ケアとともに生きる子どもたちです。

子どもたちはやがて成長し、学校を卒業した後の仕事や居場所を必要とします。

しかし、医療的ケアを必要とする方たちが働ける場、通い過ごせる場はほとんどありません。

乳児期 幼児期 学童期 青年期 成人期

医療的ケアが必要なみんなも、働き暮らせる未来をつくる「すくすくハウス」

このような課題を解決するために、私たちは「すくすくハウス」を設立したいと考えています。
医療的ケアを必要とする子どもも大人も、安心して泊まれる×遊べる×働ける、みんながほっとできる場所、それが「すくすくハウス」です。

通所施設だけでは行き届かない夜間の支援を整え、医療的ケアを必要とするみんなが安心して働けるコミュニティカフェを併設します。カフェには、接客や販売の仕事、提供する食事の材料となる農作物を作る仕事、広報の仕事など、みんながわくわくできる仕事が生まれます。医療的ケアに対応できるスタッフがサポートし、働きやすい環境を整えることが可能です。

しかし、まだ、建設資金の調達が十分ではありません。ご賛同いただけるみなさまの力をお借りして、実現したいと思います。
ご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

すくすくハウスの設立を待つ
ご家族紹介

         
八田 真緒(はったまお)ちゃん(2歳10か月)
とそのご家族
ご家族紹介を読む
         
大田 祐実(おおたゆみ)ちゃん(小学2年生)
とそのご家族
ご家族紹介を読む
         
本山 天康(もとやまたかやす)くん(20歳)
とそのご家族
ご家族紹介を読む

すくすくハウスについて

医療的ケアを必要とする子どもも大人も
安心して泊まれる、遊べる、働ける、みんながほっとできる場所
それが「すくすくハウス」です。
住みなれたこのまちで
医療的ケア児の育ちを支え、
働き暮らせる未来をつくります。

医療的ケア対応「すくすくハウス」
の役割

遊べる

□児童発達支援(おもに重心)
□放課後等デイ(おもに重心)
□日中一時支援(医療的ケア対応)

泊まれる

□福祉強化型短期入所

働ける

□就労支援
□生活介護

相談できる

□診療所(小児神経)
□相談支援
□コミュニティカフェ

実施事業の概要

「すくすくハウス」は、柏市における医療的ケア児者・重度心身障害者の課題解決に貢献する事業です。

詳細を見る

建設予定地

手賀沼近郊の土地取得を検討中。
人口が増加する柏市北部の社会福祉サービスの充実に貢献します。

建物概要

建物概要
建物概要

みなさまからの寄付金
2.5億円が達成できれば、
「すくすくハウス」設立が実現します。

「すくすくハウス」は、子どもたちやご家族がほっとできる工夫がつまった構想ですが、
事業費6億円が想定され、資金調達はまだ十分ではありません。
みなさまの善意で、2021年3月末までに2.5億円の寄付金が達成できれば、「すくすくハウス」設立が実現します。

スタッフからのメッセージ

社会福祉法人ワーナーホーム
放課後等デイサービスすくすく 管理者
前澤 直基
ワーナーホームに入職するまで、医療的ケア児や重症心身障害児者が、こんなにも地域で生活しているとは思いませんでした。そして、働いているうちに子どもたちへの愛情が徐々に芽生えていきました。さらに、保護者の日々抱えている苦労や、子どもたちと保護者が抱えている将来への不安を知り、「力になりたい!」と感じています。子どもたちが大きくなっても安心して過ごせる楽しい場所を作っていきたいです。
社会福祉法人ワーナーホーム
放課後等デイサービスすくすく 保育士
渡部 真弓
日々、子育てをしていて悩むことはたくさんあります。医療的ケアを必要とするお子さんがいるご家族は、この先わが子がどのように生活していけばよいのか、病院や自宅以外に過ごせる場所があるのか、それを探すところから始まります。不安でいっぱいの中、ここに来れば誰かがいる、どこかに繋がることができると思える場所、子どもたちが楽しい、遊びに行きたいと思える場所にすくすくハウスがなっていけたらと思います。
ベーカリーPAISIBLE(ペジーブル)柏
店長
加藤 竜太
ペジーブルに併設する放課後等デイサービスの子ども達と出会い、はじめて医療的ケアを必要とする子ども達や障害をもつ子ども達のことを知りました。
私達も障害を持つ方の就労を支援する事業所ですが、「すくすくハウス」設立を待つ子ども達やご家族と地域をつなぐ架け橋になりたい、そんな想いから売上の一部をプロジェクトに寄付するコミュニティサポーターになりました。ペジーブルの食パンで皆様を笑顔にし、その笑顔で子ども達の未来をつくるお手伝いが出来たらと思っています。

活動紹介

すくすくテーマ曲「ぼくらのうた♪」をゴスペルシンガー福原タカヨシさんが歌ってくれました♪

福原さんを知らなかった方も、癒しの歌声要チェックです♪
ふくちゃんファンの方は、歌のお兄さんスタイルのふくちゃんは必見です(笑)
すくすくdeふくちゃんライブ

チャリティビールありがとうございました♫
地域の皆様に応援いただき、636本お買い上げいただきました!63,600円のご寄付をお届けいただき、利用者を代表して感謝状をお渡ししました(❃´◡`❃)
みんなでかんぱーい✨ポーズで記念写真。ご好評につき、第二弾も企画中です。ぜひ、美味しく楽しく応援してください♫

すくすくのみんなで虹を作りました。

すくすくのみんなで虹を作りました。今はみんなで会うことはできないけど、みんなで一緒に遊べる日を心待ちにしています。
みんなの想いとかわいい手形&足形が地域を笑顔にしてくれますように。

税制優遇制度について
「すくすくハウス」設立プロジェクトへのご寄付は、税制優遇の対象になります。詳しくは

団体概要

社会福祉法人 ワーナーホーム
について

必要な人に、必要な支援が届くように・・・

医療的ケア対応「すくすくハウス」設立プロジェクトの運営者である社会福祉法人 ワーナーホームは、
1981年に千葉県柏市の小さな作業所から出発し、障害があってもその人らしく地域で暮らし続けられるよう、
約40年間、障害者とその家族の支援を積み重ねてきました。

現在、ワーナーホームは、千葉県大網白里市を中心に、柏市、千葉市、茂原市、山武市付近に大小40以上の事業所を展開し、
障害者の相談支援、日中活動支援、住居支援訪問による支援など、幅広い支援を提供しています。

詳細を見る
         

We Are not Alone
私たちは一人ではない、
仲間がいる

私たちの法人名ワーナーホーム(WANA HOME)は、「We Are Not Alone=私たちは一人ではない、仲間がいる」という意味です。私たちは利用者と家族にとって、その重荷を共に背負う「第二の家族」でありたいとの思いで出発しました。

ワーナーホームの最初の施設「ホレブ寮」の玄関脇には定礎石が埋め込ま れており、「信望愛」と刻まれています。これが私たちの基本理念です。

精神障害者は病院での入院治療を終えた後、地域で生活していくこととなります。しかし精神障害という病気ゆえに生活上の問題を抱えたり、人間関係を上手に築くことが難しい場合があり、そのために社会から孤立していってしまうことがあります。その苦しみや辛さは本人だけのものではなく、家族にとっても同様です。

ワーナーホームでは本人や家族の苦しみや辛さに思いを馳せ、共に日々暮らし、その人らしく生きていける方法を一緒に考え、実現に向け支援していくことを目標にしています。

しかしながら病気は一進一退を繰り返し、昨日出来たことが今日は出来なくなってしまうことが少なくありません。そのような時、私たちは本人を信頼すること、愛することによって明日への希望を繋いでいきます。

一人ひとりに合った生活基盤を確立し、その人らしく生きていくための第一歩がワーナーホームです。

ワーナーホーム紹介

大網白里市詳細を見る
柏市 詳細を見る
千葉市詳細を見る
茂原市詳細を見る

皆様のご支援をお願いいたします。

個人寄付はこちらから

この世に生を受けた、多様な子どもたちがいます。

今、医療的ケアを必要とする子どもの支援体制が、圧倒的に不足しています。

あなたのご寄付で、医療的ケア児とその家族をサポートしてください。

詳しく見る

法人寄付はこちらから

多様性を認め合い、ともに生きる社会をつくるために。

「すくすくハウス」設立プロジェクトは、障害があっても、自分らしい生き方ができる社会を目指して発足しました。

この世に生を受けた、多様な子どもたちのために、法人の皆さまからの温かいご支援をお待ちしております。

詳しく見る
税制優遇制度について
「すくすくハウス」設立プロジェクトへのご寄付は、税制優遇の対象になります。詳しくは

賛同者からのメッセージ

   

こまいぬブルワリー柏ビール
丹羽岳悠さま

こんにちは。柏市役所近くでクラフトビールを醸造している、こまいぬブルワリー 柏ビールと申します。私たちは設立3年くらいの小さい醸造所ですが、ただビールを売るのではなく、大好きな柏の地で暮らす人と人を繋ぐ文化として、ビールを育てていきたいと考えています。そのためには、「障害のある方やそのご家族も、安心して暮らせる町」であることはとても大切なことだと考え、このプロジェクトに協力させていただいています。ビールを飲んだ売り上げの一部を寄付させていただくことで、「無理なく、楽しく」より住みやすい柏を一緒に作っていきましょう!

柏落語会会長
安藤 成さん

私共は、たんぽぽセンター設立と共にスタートしました「心の健康を考える市民の会」として出発しました。以後笑いと言葉を大切に、たんぽぽセンターと共に歩み、今年の9月で足掛け15年目に突入です。
 この度「すくすくハウス」設立プロジェクト立上げというお話を伺いました。医療的ケアを必要とする子ども達が安心して過ごせる、泊まれる、働ける場所が柏市北部には無い‼️との事。すくすくに通う子ども達が安心して巣立って行く為に、是非とも一日も早く「すくすくハウス」の設立が実現しますように!プロジェクトを応援する市民を代表して、メッセージを送ります。

大塚曜子設計事務所
大塚 曜子さん

はじめて、このプロジェクトのお話を伺ってからおおよそ1年、いろいろな形で情報を得ることで、医療的ケアを必要とされる方の選択肢の無さに気付かされました。 新たな選択肢としての居場所づくりに向けて、建築の設計をする立場から、何か、ご提案、サポート、ご協力できることがあるのではないかと、考えております。 少しでも「すくすくハウス」が理想の施設に近づくように、実現に向けて、これからも相談相手として、このプロジェクトのお手伝いができればと思っております。

NPO法人Ubdobe
デジリハ担当
加藤 さくらさん

デジタルアートとセンサーを使ったリハビリツールを提供するデジリハは、リハビリを必要とする子どもたちの健やかな成長を心底願って開発を進めています。すくすくハウスで過ごす子どもたちも、デジリハを通してすくすく成長してくれることを願い応援しています♪